ソフトテニス全国制覇通算34回の実績を持つ濱中嘉彦監督の指導法や練習法を紹介したDVD・CDの販売

ソフトテニス超指導法実践会タイトル
濱中嘉彦の濱中流「ゲーム理論」
濱中流 ダイジェストDVD『匠』シリーズ〜初心者指導の秘訣〜
濱中流メンタルリハーサルDVD
濱中流ダイジェストDVD「極 KIWAMI シリーズ」

濱中嘉彦監督写真

元 奈良市立 都跡中学校

元 奈良県宇陀市立 大宇陀中学校 

現 奈良県宇陀市立 榛原中学校 奈良USJ監督

全国制覇通算35回

初心者の中学生を指導し、全国制覇26回

地域の小学生を平成12年から指導し、全国制覇9回


奈良県に生まれる。王寺中学校、奈良高校、神戸大学とソフトテニスを続ける。 大学卒業後すぐの4月、奈良市立都跡中学校へ講師として赴任。 男子顧問としてスタートし、翌年の9月から、男女とも指導。その翌年、全中に初出場。


さらに2年後には初優勝を成し遂げる。この時から下記の「主な戦績」にあるような華々しい戦績を残す。


平成11年大宇陀中学校に赴任。平成12年テニスコートがないところからソフトテニス部を発足させる。 平成14年大宇陀中学校は、全国中学校ソフトテニス大会で初出場、準優勝という快挙を成し遂げる。 平成15年大宇陀中学校は、ついに全国王座優勝で日本のトップに躍り出る。


濱中嘉彦監督は、全国大会の優勝35回。また準優勝も33回。


全国王座、全国ジュニア・JOCなど、その中で全中での優勝7回。 研修大会での優勝は数え切れず、3位など多数。 特に平成8年の全国中学校ソフトテニス大会では、男子団体、男子個人、女子個人の3部門で優勝し、4冠のうちなんと3冠を獲得


全国中学校ソフトテニス大会には、平成2年に初出場し、平成4年からは連続出場。

濱中嘉彦監督の主な戦績

中学生
全国中学校ソフトテニス大会

優勝7回 準優勝6回 第3位3回

都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会

優勝6回 準優勝4回 第3位7回

全国ジュニア王座決定ソフトテニス大会

優勝8回 準優勝2回 第3位2回

全国ジュニア選抜ソフトテニス大会

優勝2回 準優勝7回

JOCジュニアオリンピックカップ

17歳以下シングルス 優勝1回 第3位1回
17歳以下ダブルス  第3位1回
14歳以下シングルス 第3位1回

ジュニアジャパンカップ

14歳以下シングルス 優勝1回 
14歳以下ダブルス  優勝1回 準優勝1回 第3位1回

国際ジュニア大会

15歳以下ダブルス 第3位1回

近畿大会(近畿総体、近畿インドア大会)

優勝39回 準優勝15回 第3位27回
(※女子7年連続優勝、男子6年連続優勝を含む)

小学生(平成12年から指導)
全日本小学生選手権大会

優勝4回 準優勝4回 第3位5回

全国小学生大会

優勝2回 第3位2回

全国ジュニア大会

優勝3回

近畿大会(近畿小学生大会、近畿小学生インドア大会)

優勝18回 準優勝9回 第3位13回

濱中監督は教え子から全日本メンバーを16名輩出している

辻美和、東司、室谷哲也、橋本隆文、太田重広、澤田直樹、
松田彩恵子、東田早代、佐々岡瑞甫、西岡安奈、西本小雪、
中山真衣、大森優理、西岡真里華、藤本奈津美、阪本崚(※敬称略)

2017年(平成29年)1月更新